ヤフオク

Yahoo! オークション(ヤフー! オークション)とは、Yahoo! JAPANが提供するインターネットオークションサービスである。 通称はヤフオク。

ヤフオク

ネットオークションの代名詞として認知された感のある「ヤフオク」こと「Yahoo!オークション」。2005年度の取扱総額は約6400億円で、百貨店売上高日本一の日本橋三越本店の2908億円の2.2倍の額だという。ヤフーは仕入れのリスクを背負わずに莫大な売り上げをあげているのだ。ヤフー側には落札額の5%(税抜)の落札システム利用料と、出品者が支払っているYahoo!プレミアム会員費(月額294円)、そして1点に付き10.5円の出品システム利用料(特定カテゴリは別)が入る訳で、利用料だけでも320億円、悪くない商売です。

 アメリカの大手オークションサイトのイーベイはなぜか日本ではブレークせず、2002年3月31日に運営を終了しています。「オークション」で検索してみると楽天やビッダーズ(会員登録無料)など多数ヒットする。この2つは会員登録は無料ながら、出品数も取引額もヤフオクの敵ではないようだ。

 かくいう私も最近ヤフオクで洗濯機を買った。出品者は購入後すぐに不要になったようで、箱入りの新品が電器店から届いました。送料も込みの値段で、業者が出している値段より3割は安かった。

 米フォーブス誌コラムニストが、IT普及によってコストが下がる事を「チープ革命」と命名したそうで、物が安く買えるのはネットの恩恵と言えるだろうが、オークション詐欺などの問題点もある。詐欺までは行かずとも、リスクはある。

 やはりヤフオクで購入したワイヤレスヘッドフォンは説明書もなく、頼むと送ってくれたが、英語。それも雑なので訳がわからない。何とかセットして使ってみると雑音がひどく、音も途切れたり、よく聞こえなかったりで役に立たない。返品も考えたが、評価欄を見ると悪い評価が20以上あり、苦情を言った人には脅しのような電話が来たとある。

 トラブルになってもイヤなので使わず放置しています。面倒がらず、先に評価を見るべきだったと後悔しています。ヤフオクの場合、ノークレーム、ノーリターンと記されている物もあり、基本的には返品不可なのはわかるが、壊れていた、不良品だった、虚偽の記載があったなどの場合、どうにかならないかと思う。

 こんな時にヘルプに頼っても何のヘルプにもならない事は、問い合わせた事のある利用者なら知っています。莫大な利益を得ているのだからもう少しクレーム対応に力を入れるべきだと思う。


 インターネットショッピングも盛んです。ネット通販の達人は、たとえばブランドの化粧品を買う際、デパートで目星だけ付けて、実際には何割か安いネットで注文するそうだ。ライブドアデパートにもたくさんのお店があります。実際利用してみると良かった事も、そうでなかった事もある。良かったのはブックストアです。今までアマゾン派だった私だが、結構レアな本を商品検索したところ、なかったのだが、諦めずに問い合わせをしたらありました。

 ネット通販最大手の楽天デパートに見習ってもらいたいのはユーザーの口コミ評価です。店側のいい事ずくめの説明を鵜呑みにして注文して期待外れだった事が一再ならずある。こんな時、購入者のレビューがあれば大変参考になる。

 送料の高い店があるのも気になる。1万円以上の利用額でもバッチリ送料を取られるとなると購入を断念する事もある。
Livedoor news